銀行系カードローンと消費者金融の関係

MENU

銀行系カードローンと消費者金融の関係

銀行カードローンで驚いたこと(女性/30代)

私が銀行のカードローンを利用したのは、信頼できそうだったからで、万が一支払いができなくなっても理性的に対応してくれそうだったからです。かなり慎重にサービスを選んで借り入れしましたが、落ち着いたころに契約書を整理していると保証会社にものすごく有名な消費者金融の名前が書いてあり、一瞬自分の目を疑いました。

 

消費者金融と取引したことはなかったので何か問題があったかと思いましたが、実際、銀行から提供されているサービスの機関保証の会社が消費者金融だったということで、私自身はその消費者金融の後ろ盾で銀行から借入ができていたということでした。

 

そこまでしっかり把握していなかった自分にも驚きですが、説明も詳細を先にしてくれなかった銀行に対しても不信感を覚えました。金利や返済金額ばかりを説明していましたが、やはり消費者金融がかかわるとなるとイメージが良くないのは事実です。こそこそした感じもあまり好意的ではないので、銀行系のサービスでも利用するときには契約概要をしっかり確認しましょう。

 

私は何度か数日ほど支払いが遅れてしまったことがありましたが、取り立てが起こることも電話が来ることもなく、気づいてすぐに支払いができました。そこまで危険はないようですが、万が一のトラブルがあると危険なので保証会社がどこなのかはしっかり把握しておきましょう。時には信用できる会社でない場合はどんなに魅力的なサービスでも利用しないほうが安全です。信用情報の問題が残ることもあるので特に気を付けてみてください。

 

借り入れ前からチェックできる

保証会社としての消費者金融

消費者金融の大手の会社は銀行のキャッシングやカードローンの保証会社として活躍している場合もあります。直接消費者金融がサービスをしているわけではないですが、銀行側もその会社の保証があるから審査を通過させるので、決して無視できる存在ではありません。

 

もちろん、保証会社にも銀行にも個人情報が届いているので、場合によっては宣伝のチラシなどが届いてしまうこともあります。消費者金融が保証会社になっているかどうかは、借り入れギリギリにならなくてもネット上に常に公開されているので、時間があるときにしっかりチェックしておくとよいです。感覚的に不安を感じる場合には、少しでも安心して頼れるサービスに借り入れを依頼しましょう。

 

取り立てが厳しいことはあまりない

近年は特に法的な取り締まりも厳しくなり、会社自体が運営が難しくなっていることもあって、取り立てをあまりにも厳しくすることはありません。一昔前のような大声で威圧的な取り立てをすることもできなくなり、電話でしつこく取り立てをするようなやり方も減っています。威圧的な取り立てをすると金融機関側も契約以上のことをしたという問題になり、下手をすると返済額の減額を裁判で決められてしまうこともあります。

 

逆に、厳しい取り立てのせいで慰謝料を金融機関側が請求されてしまえば貸し借り以上の金額で損をしてしまうので、会社も慎重に動くようになっています。その分、すぐに信用情報に傷がついて社会的に大変な状況になるのが近年の個人の状況なので、取り立ての心配はあまりないですが、取り立てが必要にならないように日頃からきちんと返済をし続けましょう。

 

弁護士に相談してみるのもよい

銀行系のサービスの利用でトラブルがあった場合には、早めに弁護士に相談してみると安心できます。債務整理が必要な場合には、弁護士の協力もほぼ必ず必要になるので大きなトラブルになる前にしっかり良い事務所を見つけておきましょう。近年は消費者金融も安全に利用でき、銀行が問題になってしまうこともないですが、5年以上前から利用しているサービスがあれば一度は相談しておくとよいです。

 

また、新たに利用しているサービスでも金利や返済方法などどの程度安全なのか第三者の意見がほしい場合には多少お金がかかってもお金と法律のプロでもある弁護士や司法書士に聞いておけばアドバイスももらえるでしょう。少しでも安全に利用するには、信用できる人物に相談していくことが大切で、自分だけの判断で決めないようにしてください。